資金計画は慎重にする

どのくらいの費用で購入できるのか

注文住宅の平均購入価格は一般的に分譲や建売と比較すると数百万円程度高額であるというデータがあります。一般的に平均購入価格が2,800万円程度であるのに対して注文住宅に限ってみてみると3,000万円程度になっているのです。あくまでも平均値での比較なのですべての場合に当てはまるわけではありません。 実際に最近ではローコスト住宅、超ローコスト住宅と呼ばれる注文住宅も存在しています。こういった商品を提供するハウスメーカーや工務店などもたくさん存在しているのです。一般的にローコストとは30坪程度で1,000万円台、坪単価に直すと20万円から40万円台の住宅を言います。一方超ローコストとは1,000万円を切る価格で販売されている商品を言うのです。

住宅を購入する前にしっかりと計画を

最近では比較的低価格でも購入できるケースも増えていますが、とことんこだわった注文住宅の場合その額は数千万円、数億円というケースもあります。使用する材料や家の規模などこだわればこだわっただけ費用が高額になっていくのです。一般的にはハウスメーカーよりも設計事務所で設計をして購入する場合のほうが高額になるケースが多いようです。 住宅は人生で一番大きな買い物とも言われ多くの人はローンを組んで購入します。ローンの返済は数十年にわたり毎月の返済額も決して小さなものではありません。その後の人生を大きく変える可能性のある決断なのです。建築会社の中にはしっかりとした聞き取りもせず最大融資額いっぱいまでローンを組んでもらおうとする会社や担当者もいます。しかしローンが返済できなければせっかくのマイホームを手放さなければならない可能性さえあるのです。しっかりと人生設計をしたうえで住宅を購入することが大切です。